おもい

モノを作ったり、思い出を作ったり、人とのツナガリを作ったり・・・・。
何も無いトコ(やすでにあるモノ)から新たなモノゴトを作り出したい!
そんなおもいをずっと持ち続けています。

障害のある人たちには、彼(彼女)らの社会参加を阻む障壁が、いまだに社会との間に存在します。
その障壁をぶち壊すことなんてできないけれど、一緒に社会に出て行って新たなモノゴトを作ることならできそうです。

その小さな欠片の集積によって、障害があってもなくてもだれもが暮らしやすい社会を作っていきたい。

そして、2019年11月1日「ツナガリの福祉所」を開設しました。

事業内容

1.障害福祉事業
(1)移動支援 
 ア.個別支援型:外出時に必要な支援をおこないます。
 イ.グループ支援型:「こころ」と「からだ」の健康づくりを目的にしたグループ活動をおこないます。
(2)行動援護:重度の知的障害がある方の、外出時に必要な支援をおこないます。
(3)居宅介護:居宅における家事援助、身体介護をおこないます。
(4)重度訪問介護:居宅における家事援助や身体介護、外出時に必要な支援を総合的におこないます。

2.介護保険事業
 訪問介護:居宅における生活援助、身体介護をおこないます。

グループ活動

・デジタルカメラ
・アート(造形、絵画)  
・ウォーキング
・レクリエーション
 ほか

だれでもカメラ部

障害のある人たちは、健常者と比較すると社会と接する機会が少なくなりがちです。それは社会における様々な障壁が、その人たちの社会参加する機会を奪っているのでないでしょうか。
そこで誰でも簡単に操作しやすいデジタルカメラを使い、障害のある人たちの社会参加を促進し、さらには生きがいや楽しみを持つきっかけにするために、誰でも気軽に参加できるカメラサークル「だれでもカメラ部」を開設しました。
現在は、移動支援のグループ活動で実施しています。

パンフレット

パンフレットをダウンロード

登録ガイドヘルパー募集

■内容: 知的障害者の外出時に同行し、移動中や目的地において、移動の介護、排せつ・食事の介護、代筆・代読、危険を回避するための支援を行います。
■給与: 時給1,000円~
■資格:知的障害者移動支援従業者、ホームヘルパー2級以上、介護福祉士、看護師・準看護師、介護職員基礎研修修了者
■申込方法:お問い合わせフォームよりご連絡下さい。