一般社団法人ヴァリアスコネクションズ

障害のある人や生きづらさを抱えた人たちが、 人や社会とつながる機会をつくり、 そのつながりの環が波紋のように拡がって、 「わたしたちは共に生きている」ことが実感できる社会を目指します。

ニュース

令和元年度「京都とっておきの芸術祭」

だれでもカメラ部の中で7名のメンバーが写真作品を出品しています。そのなかで木下兆永さんが撮影した「アーチと木」が佳作となりました。よろしければご高覧ください。 令和元年度「京都とっておきの芸術祭」■日時 令和元年12月5 […]

創立1周年ごあいさつ

ツナガリの福祉所は11月1日をもちまして創立1周年を迎えました。 この節目の年を無事に迎える事が出来ました事は、皆々様の多大なるご支援の賜物と心より感謝申し上げます。 ここまで来れました事を深く感謝しご支援、ご愛顧を賜り […]

額装

『だれでもカメラ部』の中で7名の方が、あるアートコンテストに出品します。そして、搬入に向けて撮影した写真をA3サイズにプリントし、額装中。作品としてアウトプットするのはドキドキする瞬間です。いろんな人たちの目に触れること […]

高齢者福祉施設 西院 機関誌

高齢者福祉施設「西院」さまが発行される機関誌にて、「目をつむる写真展」を掲載していただきました。この機関誌の今回のテーマは、『アート』です。福祉とアートは相性はよい!それは、多様な価値観や見方を知ったり、受け入れたりする […]

年末のご挨拶

「ツナガリの福祉所」を開所して、あっと言う間の2ヶ月間。支援を通じてさまざまな人やその暮らしに触れ、自分の見方・考え方の幅が拡がりました。また、グループ活動ではデジカメ撮影をしたり、アート活動に参加したり、自然の中を歩い […]

ツナガリの福祉所を開所しました。

【ツナガリの福祉所を開所しました!】 11月1日、ツナガリの福祉所を下記のとおり開所いたしました。 たくさんの方々のご支援により、この日を迎えることができたことを心より感謝いたします。 この日の気持ちを忘れず、みなさまの […]

2018年2月24日 朝日新聞朝刊

2018年2月24日 朝日新聞朝刊にて、新大宮商店街で開催している目をつむる写真展「つむるつながる」を紹介していただきました。記者のIさんには、事前取材から大変お世話になりました。