つむる、つながる、つたわる、おもひ。

 ここにうつっているのは、年齢、性別、国籍、障がいの有無を超えた、およそ570人の人々です。
 私が静岡で撮影した写真、また静岡にゆかりのある人たちが自分たちで撮影したもの。そして参加者がお互いに「目をつむる写真」を“撮り合いっこ”するワークショップ『目をつむるスタジオ』で撮影されたものです。『目をつむるスタジオ』は昨年から今年にかけて、計4回実施することができました。そしてそこでは撮る側・撮られる側という境界のない関わりを大切にしました。
 目をつむると、普段見られない表情が浮かび上がります。また、目をつむることは他者との寛容的な関わり(許す)を意味します。さらに、目をつむることは自分自身の心に目を向けることをも意味します。
 「目をつむること」に思いを巡らせながら、本展を通じて、人との関わりを見つめ直すきっかけになったり、見えない「つながり」を感じたり、新たな「つながり」が生まれることを願っています。

グランシップ 誰もがWonderfulアート

日時:2021年8月28日(土)-9月12日(日)
会場:静岡県コンベンションアーツセンター/グランシップ 6階展示ギャラリー
〒422-8019 静岡市駿河区東静岡二丁目3番1号(JR東静岡駅南口隣接)
主催:公益財団法人静岡県文化財団/静岡県

フライヤーをダウンロード

足あと

◆展示内容
・目をつむる写真:インクジェットプリント  210mm×297mm   294枚
・目をつむることば: 420mm×297mm 11点
・目をつむるスタジオの記録と記憶:ガラスケース700mm×1500mm×1050mm 4台
・静岡県内の特別支援学校で撮影された「目をつむる写真」のスライドショー:98枚 8分28秒

◆「目をつむるスタジオ」の実施
2020年9月6日  グランシップ(令和3年につなげるための「グランシップ 誰もがWonderfulアート」ワークショップ)
2021年5月3日  特定非営利活動法人ひまわり事業団
2021年5月4日  グランシップ(グランシップこどものくに~まんまるころころ~)
2021年7月17日  静岡市番町市民活動センター

◆メディア
2021年8月29日  静岡新聞朝刊
2021年9月7日  NHK静岡「たっぷり静岡」
2021年9月12日  朝日新聞朝刊

展覧会風景

メディア