一般社団法人ヴァリアスコネクションズ

障害のある人や生きづらさを抱えた人たちが、人や社会とつながる機会をつくり、 そのつながりの環が波紋のように拡がって、 「わたしたちは共に生きている」ことが実感できる社会を目指します。

「代表者から」の記事一覧

第2回 『まぁるいしずおか・えもなトーク』(企画: 静岡市番町市民活動センター )にゲスト出演!

第2回 『まぁるいしずおか・えもなトーク』(企画: 静岡市番町市民活動センター )にゲスト出演し、「目をつむる写真展」や「ツナガリの福祉所」の活動についてお話しさせていただきます! 五味響子さん(静岡市番町市民活動センタ […]

ツナガリの福祉所 開所2周年のご挨拶

晩秋の候、ますますご清栄のこととお喜び申し上げます。平素は格別のご高配を賜り厚く御礼申し上げます。 おかげさまで本年11月1日をもちまして、開所2周年を迎えることができました。これもひとえに多くの皆様方のご支援、ご愛顧の […]

カメラをご寄贈いただきました!

「目をつむる写真展/めぐるりアート静岡2016」や今夏の「目をつむるスタジオ/グランシップ2020」などでお世話になった平野雅彦先生(静岡大学人文社会科学部客員教授)からデジタルカメラ3台をご寄贈いただきました。 「だれ […]

「アートと福祉の役割とは」

障害の有無にかかわらず、全ての国民が互いに人格と個性を尊重し合い、理解し合いながら共に生きていく共生社会の実現に向け、様々な福祉的な取り組みが全国的に展開されています。また、今年の東京五輪・パラリンピック開催に向け、障害 […]

創立1周年ごあいさつ

ツナガリの福祉所は11月1日をもちまして創立1周年を迎えました。 この節目の年を無事に迎える事が出来ました事は、皆々様の多大なるご支援の賜物と心より感謝申し上げます。 ここまで来れました事を深く感謝しご支援、ご愛顧を賜り […]

額装

『だれでもカメラ部』の中で7名の方が、あるアートコンテストに出品します。そして、搬入に向けて撮影した写真をA3サイズにプリントし、額装中。作品としてアウトプットするのはドキドキする瞬間です。いろんな人たちの目に触れること […]

年末のご挨拶

「ツナガリの福祉所」を開所して、あっと言う間の2ヶ月間。支援を通じてさまざまな人やその暮らしに触れ、自分の見方・考え方の幅が拡がりました。また、グループ活動ではデジカメ撮影をしたり、アート活動に参加したり、自然の中を歩い […]

ツナガリの福祉所を開所しました。

【ツナガリの福祉所を開所しました!】 11月1日、ツナガリの福祉所を下記のとおり開所いたしました。 たくさんの方々のご支援により、この日を迎えることができたことを心より感謝いたします。 この日の気持ちを忘れず、みなさまの […]